8月29日(木)、自治会・町内会、コミュニティ活動団体や大槌高校生等、総勢115名の町民・関係者出席のもと、令和元年度第1回大槌町コミュニティ協議会を開催しました!
この協議会は、地域コミュニティの活性化を図るため、住民自治組織や支援団体等が、地域課題に向けて取り組んでいる活動を共有し、解決に向けた情報・意見を交換し合う「連携・協働の場」として、平成26年度から開催しています。
ワークショップ型の意見交換会では、6地域にわかれ、町が委嘱している地域コーディネーターによる進行のもと、地域の活動や今後の取組について話し合い、地域ごとに内容を発表しました。「近隣地区合同で海岸清掃をしたい」「各所で防災勉強会を実施しよう」等、主体的で前向きな提案が多く見られ、参加した高校生からは「地域イベントに若者を呼び込むには、今までにない新しい方法で情報発信していく必要がある」という意見もありました。
これからも協議会では、地域間の情報共有を図り、アイディアや事例を共有することで、コミュニティの活性化を目指していきます!